最新記事

不動産投資は適切な賃料を得られて初めて成功といえます。
空室や滞納が原因で予定していた賃料を得られなかったり、様々な要因で家賃が下がり収入が減ってしまうリスクが伴います。
さらに土地を貸すのではなく部屋や家を貸し出す場合には、老朽化に関するリスクも考慮しておかなければなりません。
建物が駅から遠かったり、きちんと管理をしておかないと入居者が現れず空室となってしまうため、利便性の良い需要の高い地域を知り、職種や年齢層、性別などターゲットをリサーチした上で投資すべきです。
また建物の老朽化は決して避けられないですが、立地条件や適切なメンテナンスで家賃の下落を止められることがあります。
ゆえになおさら不動産投資の前に下調べをしてください。
加えて根本的な問題として、借金がリスクとなる場合もあります。
多くの人が一括投資ではなく、金融機関などで融資を受けた上で投資をすることになるので、賃料が得られなかったり支出が過ぎるせいで借金の返済ができなくなることがあります。
ですからきちんと返済のシミュレーションをし、返せるのかどうか見極めなければなりません。